木工事+ボード貼り

皆さん、こんばんは。糸魚川こどもクリニックの渡辺です。最近、原秦久の著作キングダムに夢中になっています。次から次へと気になる展開に目が離せず、気付けば昇る朝陽に「おはよう」と声を掛けられてしまうこともあります。恐ろしいマンガですね、キングダム、皆さんも寝不足と朝陽には気を付けてください、二度寝もNGですよ。さて、本日も内装工事を主に実況中継したいと思います。

最初に目に入るのがクリニックの顔である玄関部分です。いよいよ全体に強そうな装甲板が貼られて建物の防御力が益々上がってきた印象を受けます。実際に拳で叩いてみましたが見事にはじき返されました、恐るべき防御力。視力の良い方は気付かれたと思われますが、一部に黒い筋が入っているのが見えるでしょうか。これが、シーリングと言うものでボード同士を接着し水が入らないようにするのと、耐震性を持たせて壊れにくくしてくれる頼り甲斐のある「自分」のような存在になります。・・・ええと、全体の上方を見ると足場が組まれて居ますので、そろそろ二階部分も装甲板(と言う名の外壁ボード)が装着されるのだと思います。

☆正面は強そうになって来ました☆

☆この黒い部分がシーリング剤です☆


☆正面の全体像です、二階に足場ができています☆

続いては内部に入っていきます。まず驚いたことは、天井が非常にスッキリし始めていたことです。あれだけ無秩序に走り回っていた配線の束がしっかり固定されて、まとまりのある姿になりつつありました。烏合の衆だった配線たちが、指導者の下で目的を持って集合し、それを成し遂げようとする強い意志を感じました。配線の集合先も今までは天井から垂れ下がっていただけでしたが、きちんと住処を与えられていました。非常に近代的な作りの集合住宅のようでした。

☆見ていて清々しい気持ちになります☆

☆配線の集合住宅、コントロールセンターです☆

内装工事はどんどん進み、外壁だけではなく、内壁もボードが広範囲に貼られていました。骨格と、むき出しだった臓器に筋肉が付いて行くイメージでしょうか、こちらも見ていてスッキリしてきました。天井や壁を作るための梁も徐々に増え、場所によっては扉の枠も嵌め込まれていました。

☆白い扉枠が嵌められていました☆

最後に、ベストビュー・オブ・クリニックで名高い吹き抜け窓の部分も仕上がりつつあります。但し、吹き抜け部と言うだけあって床が無く、壁も広いために作業が非常に大変なようです。作業中の現場を見たことが無いのですが、想像するだけでもその苦労が伝わります。

☆吹き抜け部にもボードが貼られていました☆

☆床が無いので作業に時間が掛かるようです☆

そんなこんなで、着実にクリニックは完成に近づきつつあります。後は、このクリニックに相応しい医者を準備するだけですので、皆さん期待して待っていてくださいませ☆

も、もちろん医者というのは自分のことです。どうぞよろしくお願い申し上げます。最後までお付き合いいただきましてありがとうございます。今日もキングダムを読みながら眠りにつきたいと思います。

(了)

“木工事+ボード貼り” への2件の返信

    1. コメントをありがとうございます。
      配線盤に愛着を感じて頂いてありがとうございます。
      当クリニックにはいくつか個室がございますので、
      ご利用の際はお早めにご連絡をくださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です