スギ花粉症シーズン到来

皆さん、こんばんは。糸魚川こどもクリニックの渡辺です。雪が解け、若葉が萌え出し、卒業式のシーズンが到来しました。卒業式と言えば、中学生時代に校歌や在校生へ向けた歌のピアノ伴奏をしていたことを思い出します。当時はピアノ男子が少なかったので、どうにも目立って困りました(汗)。

さて、タイトルにもある通りスギ花粉の飛散量が増えてきました。皆さんご存じの通り、今春は例年よりも多く花粉が飛散するという予想されておりますので、スギ花粉症の方は外出時に十分な防御をしましょう。すでにスギ花粉症と診断されている方、スギ花粉が飛散する前に医療機関を受診して、症状が軽微な段階から治療を開始するようにしましょう。治療が早いほど重症化しにくいという報告もありますのでよろしくお願いします。舌下免疫療法もお勧めです。

もう一つ、春に鼻炎を来すものはスギ花粉だけではありません。寒さから解き放たれたダニが室内を暗躍し、ハルガヤ・カモガヤなどのイネ科の植物もせっせと花粉を空気中に放出します。体調を崩しやすい季節の変わり目ですので、ウイルス感染症に伴う鼻炎も増えてきます。いずれにしても、原因によって治療が変わりますので、診断がついていない方は”きっと私は○○アレルギーです”と安易に思い込まず医療機関を受診しましょう。

最後になりますが、花粉症に苦しむ方々のためにスギの木を見かけたら薙ぎ倒す、と言う荒っぽい治療を考えておりました。しかし、自然破壊が懸念され、診療後に暗くなった山道でスギを伐採するとなると怪しい人物と判断されて警察に捕まってしまい今後の診療が出来なくなってしまうかも知れないというリスクもございますので、断念しようと思います。お役に立てず申し訳ございません。

それでは、今日一日が皆さんにとって幸せでありますよう、心からお祈り申し上げます。

(了)

2月24日の診療について

皆さん、こんばんは。糸魚川こどもクリニックの渡辺です。

本日、2月24日(日)は9時30分~11時まで休日診療を行います。急病を発症されてお困りの方は是非ご利用くださいませ。尚、アイチケットや電話での予約はできませんので直接クリニックへお越しくださいませ。

(了)

2月17日の診療について

皆さん、こんばんは。糸魚川こどもクリニックの渡辺です。

本日、2月17日、9時30~11時00分に休日診療を行っております。急病を発症されてしまった方や症状が改善されず不安を感じていらっしゃる方がいらっしゃいましたらご利用くださいませ。

尚、電話予約、及び、アイチケットでの予約はできませんので予めご了承くださいませ。

(了)

2019年2月の休日診療について

皆さん、こんばんは。糸魚川こどもクリニックの渡辺です。インフルエンザウイルスの猛威によって日常生活が脅かされる日々ですが、皆さんはお変わりないでしょうか。

今月も可能な限り休日診療を行い、休日に急病を発症してしまったらどうしようという皆さんの不安を払拭し、あそこが開いてるから大丈夫という「安心」の一助になりたいと考えております。とはいえ、スタッフ・検査・取り扱える薬剤も限られており不都合を感じさせてしまうこともあるかと思いますが、ご協力を賜れますと幸いです。

今月の休日診療日は

2月3日、10日、17日、24日

上記四日間を予定しております。特に3日はスタッフが少ないためにお待たせする時間が長くなってしまうかも知れませんので、予めご了承くださいませ。

これからも皆さんの安心・安全のために全力で診療に臨みたいと考えておりますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

(了)

1月27日の診療について

皆さん、おはようございます。糸魚川こどもクリニックの渡辺です。久々の積雪が講習会の日と重なるなんて、と朝から頭を悩ませております(汗)。

さて、本日は新潟市まで産業医講習会のために出張して参ります(朝7時00分に出発です、恐ろしや・・・)。そのため、休日診療をお休みさせていただきますのでご了承くださいませ。月曜日以降はいつも通りの診療時間となります。

講習会で得た知識を以て、皆さんのお役に立つためにも一所懸命勉強して参ります。それでは、本日が皆さんにとっても素敵な一日でありますように。

(了)

1月20日の休日診療について

皆さん、おはようございます。糸魚川こどもクリニックの渡辺です。本日20日(日)は休日診療を行っており、9時30分から11時00分までに窓口で受付をされた患者様を診察いたします。

休日診療ゆえに検査や処方が限られてしまうこともございますが、予めご理解とご協力を賜れますと幸いです。また、アイチケット及び電話予約はできませんので、直接お越しくださいませ。何卒よろしくお願い申し上げます。

(了)


1月13日の診療について

皆さん、おはようございます。糸魚川こどもクリニックの渡辺です。本日13日(日)は休日診療を行っております。9時30分から11時00分までの受付をしております。

休日診療ゆえに検査や処方が限られてしまうこともございますが、予めご理解とご協力を賜れますと幸いです。また、アイチケット及び電話予約はできませんので、直接お越しくださいませ。何卒よろしくお願い申し上げます。

(了)

病児保育室ジオの利用状況について

皆さん、こんばんは。糸魚川こどもクリニックの渡辺です。インフルエンザウイルスが猛威を振るい感染が日に日に拡大しております。不急不要の外出は控えてインフルエンザを拡散しないようにしましょう☆

さて、本日はタイトルにもある通り病児保育室の利用状況をお伝えします。インフルエンザ感染症や感染性胃腸炎が蔓延していることもあり、利用希望者数が定員を上回る日が見られるようになりました。当院の専属保育士数が2名のために6名以上お預かりすることが出来ないので、市役所などを介してフリーの保育士さんに声を掛け、連日、何度も協力を要請しているのですが断られ続けてしまう現状です。利用をご希望される皆さんの期待に何としても応えたいのですが、それが出来ず大変申し訳ない気持ちでいっぱいです。

せっかく頼って来ていただいた方に「本日は定員に達しておりお預かりができません、申し訳ございません」とお伝えするのが本当に心苦しく、自分の理念に反してしまいますので、何としてでも解決策を打ち立てたいと思います。これからもより使いやすく、より心地よいサービスを提供できるように尽力しますので何卒よろしくお願い申し上げます。

(了)

インフルエンザ感染情報

皆さんこんばんは、糸魚川こどもクリニックの渡辺です。寒い日が続きますが、お変わりないでしょうか。本日は糸魚川市内のインフルエンザ流行状況をお伝えします。

能生方面の保育園などでインフルエンザAを発症されている方が増加しております。能生へお出かけされる際は十分にお気を付けください。また、1月4日から登園が始まっている幼稚園・保育園に通っているお子さんの報告が現時点では多いのですが、新学期が始まりましたので小学生・中学生のお子さんも十分に気を付けてください。お子さんが発症されてしまい、預け先に困ってしまったときなどは病児保育室(生後6か月~小学校卒業まで利用可能)もご利用くださいませ。

寒の入りとなり、ひときわ寒くなって参りましたので、皆さんも体調を崩されませんようにご自愛くださいませ。

(了)

インフルエンザについて《診断・治療編》

皆さん、おはようございます。糸魚川こどもクリニックの渡辺です。1月6日の休日診療でもインフルエンザAを発症されて受診される方が多く見られました。そこで、本日は万が一罹患してしまった場合の対応などを皆さんにお伝えしたいと思います。

(1)インフルエンザの診断について

 最近発売された検査キットは非常に感度が良く、検査で陽性となった場合はほぼ間違いなくインフルエンザと診断がつきます。しかし、検査をするタイミングが早かったりすると『陰性』つまりウイルスが居ないと結果が出てしまうこともあるので過信すると痛い目に遭います。また、検査をせずとも症状や経過が明らかであればインフルエンザの診断がつくことがあります(痛みを伴う検査に頼り切らないことも重要かもしれません)。

(2)治療薬について

 インフルエンザの診断がついた場合、内服薬、吸入薬、最終手段として点滴による加療があります。全身状態が良好で、殆ど症状がない方はこういった治療薬を用いることはありません。一方で症状が強く出てしまった方、幼少の方、ご高齢の方には治療薬が必要になることが多いです。当クリニックでの主な処方薬は、安全性が高く、局所に留まる吸入薬となります。しかし、吸入薬も技術を要すること、乳糖アレルギーや喘息をお持ちの方には処方がし難いという側面もありますので、皆さんが同じ薬になるとは限りません。また、ご存じの方もいらっしゃると思いますが以前は乳児には抗インフルエンザ薬の処方が控えられておりました。最近では状況に応じて処方しても良いと方針が変わっております(乳児は免疫が弱いですからね)。
 最後に、この季節に発熱や咽頭痛などの症状を来す疾患はインフルエンザの他にもありますので、インフルエンザ特有の治療薬を使う際は細心の注意を払う必要があります。

(3)休職期間・出席停止期間、登園停止期間について

 学校・保育園・幼稚園では保健法による規定が決められていますが、成人の方々には順守する規定は特にありません(詳細は下記資料をご覧くださいませ)。各企業によって対応が異なると思いますので職場の人事部にご確認くださいませ。尚、服薬加療をされた方は熱が下がった後も数日間はインフルエンザウイルスを排出して、他の方に感染させてしまいますのでご注意ください。

資料-1 インフルエンザについて、疾患説明プリント
資料-2 インフルエンザの出席停止期間について

最後になりますが、皆さんも外出から戻られたらうがい手洗い、そして疲れを残さないように規則正しい生活を行い、インフルエンザを発症させないようにしましょう☆それでは、皆さんがご健康でいらっしゃるように心からお祈り申し上げます。

(了)