12月29日-30日の診療について

皆さん、おはようございます。糸魚川こどもクリニックの渡辺です。恐ろしいほど寒い朝で起きるのがつらくなってきました。さて、29日、30日の当クリニックの診療時間ですが

✓ 29日  9時~12時

✓ 30日  9時30分~11時

上記となっておりますのでよろしくお願い申し上げます。

(了)

クリスマス会のお誘い

皆さん、こんばんは。糸魚川こどもクリニックの渡辺です。寒さも一段と厳しくなりましたが、クリスマスやお正月などの楽しいイベントが目白押しのシーズン到来に心が温かくなりますね☆

さて、来る12月15日(土)に病児保育室ジオでは一足早いクリスマス会を行います。とってもかわいいクリスマスリースや雪だるまを折り紙を使って一緒に作って楽しいひと時を過ごしませんか☆会費・事前予約などは不要、年齢制限もございません。ぜひとも、当日の14時頃に病児保育室にお越しくださいませ。職員一同、皆様のご来訪を楽しみにしております。

(了)

12月9日の診療について

皆さんこんばんは、糸魚川こどもクリニックの渡辺です。

本日12月9日は9:30 – 11:00まで休日診療を行っております。せっかくの休日にも関わらず、急病を発症されてしまった方の診療をいたします。尚、休日ですのでスタッフが居らず、専門性の高い精密検査は難しいですが、全身全霊を以て対応させていただきますので、ご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

(了)

産業医講習会 in 新潟市

皆さん、こんばんは。糸魚川こどもクリニックの渡辺です。先日(12月2日)は休日診療ができずに申し訳ございませんでした。ちゃんと産業医講習会に参加しておりましたので報告したいと思います。

12月1日は午後から富山市に出張・宿泊、その翌日に新潟市へ産業医の講習会に向かいましたので、2日間でなんと600㌔も社用車を運転することになりました(東京生まれの自分としては驚きの数字です)。講習会は午前10時からの開催でしたので、間に合うために富山市を出たのは朝6時(早朝)、観光とか美味しいものとか温泉とか、そういったものを楽しむ余裕などモチロンありませんでした。

12月2日の早朝、薄暗い高速道路を眠気眼で運転しているときに車窓から見えるものは美しい新潟の自然と、こちら以上にすごい速さで駆け抜けていく自動車でした(新幹線かと思いました)。新潟にお住いの方々はスピード感あふれる生活をしていらっしゃるようですね。のろのろと運転すること3時間強、事故なく遅れることなく9時30分頃に会場となる新潟県医師会館に到着しました。

10時から18時まで講習会が滞ることなく行われ、終わるや否や翌朝の業務のために急いで糸魚川市へ戻りました。新潟市内を観光する間はもちろんございません。この講習会で得られた知識を活かして、糸魚川に住まう皆さんがより幸せになりますように明日も診療に臨みたいと思います。

できれば、せめて上越市、遠くてもいいので行き慣れた東京で講習会があると本当に助かるのにと強く思いました。

(了)

11月28日 診療時間変更について

皆さん、おはようございます。糸魚川こどもクリニックの渡辺です。アイチケットでも表示しておりますが、院長が出張のために診療時間を短縮させていただきます。

2018年11月28日(水)午後診療 15:30 ~ 18:00

大変勝手ではございますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

(了)

 

11月23日(祝)の診療について

皆さん、おはようございます。糸魚川こどもクリニックの渡辺です。

大変恐縮ではございますが、本日は勤労感謝の日、祝日に当たりますのでクリニックはお休みになります。明日以降は通常業務になりますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

(了)

12月の休日診療について

皆さん、こんばんは。糸魚川こどもクリニックの渡辺です。本格的に寒くなってきましたね、体調を崩されませんようにお気を付けくださいませ。さて、タイトルにもございます12月の休日診療ですが、祝日を除く

12月9日、16日、24日、29日、30日

9:30-11:00 、29日のみ 9:00-12:00 受付

※2日は産業医の講習会のために新潟市へ出張します

上記5日間を予定しております。お子さまが急病を発症されてしまった時など、お困りの際はご利用くださいませ(処方できる薬品や検査に限りがございますがご了承くださいませ)。糸魚川に関わる皆さんの安心と安全のためにも糸魚川こどもクリニックはこれからもがんばります☆

(了)

クリスマス準備中

皆さんこんばんは、糸魚川こどもクリニックの渡辺です。うさぎ院長が張り切って今年はサンタの衣装をまとっています。

首回りが太くてきちんと着こなせておりませんが、いつもと違う”うさぎ院長”に会いに来てくださいね。

(了)

産業医研修会 in上越市 新潟県民は高血糖⁉

皆さん、こんばんは。一段と冷え込んできましたがお変わりないでしょうか。西は富山市、東は上越市で冬の悪魔『インフルエンザ』罹患者が増えて来ました。うがい手洗い、規則正しい生活を送り、予防接種でインフルエンザを発症しないようにしましょう☆

さて、2018年11月18日(日)の休日診療後に産業医研修会に参加して参りました。高速道路を走り抜け、上越ICに到着し、西に向かって走ると中学校の近くに上越医師会館があります。クリニックから約50分間で到着できるところにあります。

この日の内容は『労働災害防止計画』と『うつ病と脂質(タイトル改名)』についてです。

《労働災害防止計画》

皆さん、ご存知かもしれませんが、新潟県は全国とくらべて血糖値が高い人が多い地域です。お米がおいしいからか、おいしい食材が多いためか、理由は定かではありませんが健康診断で血糖値の異常を指摘される方が多いようです。健診を受けた周りの人たちが血糖値が高いから、自分も少しくらい高くても大丈夫、なんて安易に考えないでくださいね。血糖値が高い状態が続くと血管、そしてその血管が走っている臓器に恐るべき打撃を与えることになります。自覚症状がないままに進行しますので適切な治療(食事療法、運動療法、薬物療法、最終的には皮下注射)を開始して取り返しのつかないことにならないようにしましょう。

《うつ病と脂質(改題)》講師 富山大学医学部公衆衛生 准教授 浜崎先生

皆さん、ご存じでしょうか。実は、魚をよく召し上がる人と、まったく召し上がらない人と比べるとうつ病の発症率、心臓病(特に心筋梗塞)の発症率が大きく異なります。思い出してください、ご近所の方で魚好きな人と、嫌いな人では大きく人柄が異なりませんか。お寿司屋さんの板前さんと焼き肉屋の店主ではどうでしょうか。皆さんも、おいしいマトウダイやセイカイ、アンコウなどを食べているときはニコニコしていませんか?その通り、魚をよく召し上がる方はいつも笑顔で心も健康なことが多いです。なぜなら、魚に含まれるドコサヘキサエン酸、エイコサペンタエン酸(ω3系脂肪酸)がストレスを和らげ攻撃性を減らす効果があり、さらにはうつ病になりにくくすると言われています。実際に、魚をこよなく愛す日本人と、内陸の多い肉食アメリカ人を比べると、うつ病の発症率がアメリカ人の方が著しく高いのです。確かに、当クリニックで勤務される漁師の奥様はいつも笑顔です。

ということで、怒りっぽい人や落ち込みやすい人は是非とも魚をたくさん食べましょう☆・・・となるのですが、魚が苦手で食べられない方はドコサヘキサエン酸やエイコサペンタエン酸のサプリメントでも大丈夫です。講演された先生のお話しでは「食後」に摂取するのが望ましいということですので、おなか一杯になる前にサプリでDHA、EPAを補充しましょう。

 

気付けば日曜日もあっという間に終わり、月曜日から通常業務が始まります。しかし、美しい自然豊かで人柄優しい糸魚川に住まう皆さまのお役に立つためにも、糸魚川こどもクリニックはこれからも頑張りますのでよろしくお願い申し上げます。

(了)

糸魚川こどもクリニック”IoT化”計画

皆さん、こんばんは。糸魚川こどもクリニックの渡辺です。本日はタイトルにもある通り、来院される皆さんに居心地よくしていただき、かつ、スタッフの皆さんの負担を減らすためにはどうしたらよいか、産業医的な立場から研究してみました。

やはり一番のポイントは広い待合室のお掃除です。ソファの下などを掃除する際に腰を曲げたり、カーペットのホコリを取り除くためにかがまなくてはならないのは老若問わず職員さんには相当な負担です。かといって、負担を減らすためにお掃除をしないとなると、来院された皆さんに不快な思いをさせてしまいます。どうしたものか、腰を曲げなくても、しゃがみこまなくてもお掃除ができる小人さんが世の中には居ないものか・・・、借りぐらしのアリエッティのような・・・。

そこで、産業医見習いの渡辺が考え付いた答えは、タイトルにもある”IoT化”です。IoTとは簡単に言うと「インターネットを用いて様々なものを動かすシステム」のことです。悩みに悩み、複数名の候補者が居る中で当院では背の高さ9.5cmという小人・・・、ではなくて、円盤型のお掃除ロボットを雇用することに決まりました。この子はインターネットを通じた指令でお掃除をテキパキとこなしてくれます。これでスタッフの皆さんの仕事量も幾分減るのではないでしょうか。

当クリニックの働き者のミニ丸くん(双子の妹にミニ代ちゃんは診療室を担当しています)は、早朝、夜間、深夜を問わず、ただひたすらフロアーを掃除してくれます。また、愛らしく掃除をする姿に加えて仕事も素晴らしく、周回後のゴミ収集ボックスからは驚くべき量のホコリや紙くずが回収されます。ミニ丸に近づくと足を登ろうとするので注意が必要です(笑)。

糸魚川こどもクリニックはこれからもIoT化を進め、最終的には院長を機械化できないものかと考えております・・・、冗談にならないかも知れませんね(汗)。

(了)