小児神経学会 学術集会を終えて(2)

皆様、こんにちは。

糸魚川こどもクリニックの渡辺です。

現在、当院では一緒に働ける職員を

募集してます☆

詳細は当クリニックのホームページ、または

ハローワークにお問い合わせくださいませ。

 

さて、先日の学会の様子を写真とともに

ご紹介しようと思います。

大阪国際会議場上記は大阪国際会議場の入り口です。

写真で感じる以上に広く近代的な構造でした。

会場の一角に上記のような休憩スペースがあり

そこには山のように積まれた小児神経関連の

書籍が販売されていました(早速購入!!)。

奥には、ハンディの人工呼吸器や脳波検査に

用いる帽子型の電極(被るだけでOK)など

便利グッズも置いてありました。

上記は発表会場の様子ですが中央スクリーン

まで遠くて、後ろの席からでは映写された文字

すら見えない状態です。

会場内にいるのは殆どが医師、ついで医療者、

少人数ですが家族会のメンバーさんも居ます。

 

上記のように数百人を収容できる発表会場が

10室程度貸し切られており、各部屋で

最先端の治療の勉強会、中々回復されない

患者様についての検討会、新薬の勉強会など

が連日連夜繰り広げられるのです。

学会に参加すると、自身のレベルが

上がったように感じられ胸が熱くなって

しまいます。

日本の小児神経医学レベルは高いです☆

 

次の項目では感銘を受けた講演内容を

お伝えしようと思います。

(続く)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です