インフルエンザワクチンの供給状態について

皆さん、こんばんは。糸魚川こどもクリニックの渡辺です。秋が深まり寒い日が続きますので、おいしいも食べ物パワーで乗り切ってしまいたいところですね。

さて、タイトルにもございます通りワクチンの供給状態のお知らせです。現在、全国的にワクチンの在庫が不足おり、糸魚川市も同様の状態です。理由は単純で、今シーズンはインフルエンザワクチンの接種を希望される方が例年以上に多いからです。「不足しているなら新たに生産したら良いだけではないか」と思われるかも知れませんが、インフルエンザワクチンは完成までに非常に時間がかかります。そのため、事前に準備していたより多くの接種希望者が現れると対応できないという状況に陥ってしまいます。ワクチン業者の立場になれば、過度の生産オーバー(つまり廃棄、損失)とならないように毎年生産量を調節するのは至極当然で、こればかりは仕方がないかも知れません。

また、当院でも予定していた量のワクチンが手に入らない場合は、新規予約の皆さん、ご予約いただいた皆さんにキャンセルのご連絡をさせていただくという事態が発生してしまうかも知れません。ご心配をおかけして大変恐縮ですが、入荷情報をこまめにお伝えいたしますので、皆さんのご理解とご協力を何卒よろしくお願い申し上げます。

(了)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です