四種混合ワクチン自主回収について

こんにちは、糸魚川こどもクリニックの渡辺です。本日はタイトルにあります通り、ワクチンの自主回収のお知らせです。

令和元年5月~6月にかけて、テトラビックという四種混合ワクチンが自主回収となりました。その理由は、予防接種を受けた人が免役を作るために必要なものとなる”抗原”が同社の発表している量よりも少なかったためです。そこで、該当するワクチンを接種された方に限り、十分に免疫を獲得しているかどうかを確認するための血液検査(抗体検査)を無償(または一部負担)ですることができるようになりました。

さて、このような話しをされると不安になる方もいらっしゃるかも知れませんがご安心ください。なぜなら

該当するワクチンを接種した場合でも十分な免疫を獲得することがすでに証明されている

からです(免疫獲得率は100%と報告されています)。しかも、四種混合ワクチンは合計4回接種することになりますから、抗原量の十分あるワクチンも接種されているはずです。それでも心配な方につきましては”四種混合のI期追加接種後”に抗体検査(血液検査)を受けることができます。もちろん、当院でも対応可能ですのでよろしくお願い申し上げます。

該当する四種混合ワクチンロット

4K23A、4K23B、4K23C、4K24A、4K24B、4K24C

(了)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です