感染性胃腸炎が流行しています

こんばんは、糸魚川こどもクリニックの渡辺です。『脳を鍛えるには運動しかない』の著者であり、『SPARK運動療法』と言う発達障害やASD(注意欠損多動症や自閉症など)のお子さまに対する治療法を考案されたレイティ先生のお考えに触発されて、ジョギングや縄跳びを始めるようになりました(URL:https://books.rakuten.co.jp/rb/13858318/ )。運動は神経細胞の活性化や記憶の定着、脳内ホルモンの分泌促進、集中力の向上など良いことばかりですので、おいしいお酒や食べ物を座って召し上がってメタボになるのを待つのではなく、是非とも一緒に運動しましょう☆

さて、本日は感染胃腸炎についてお話しをします。例年では今の時期は発症数が落ち着くのですが今年は何故か収まる様子が見られません。感染源を口に入れることで発症しますので、食事をされる際は十分に手洗いをするようにしましょう。詳細は下記の資料をご覧くださいませ。

また、この時期から夏風邪に代表される手足口病やヘルパンギーナが流行し始めます。いつもと様子が違うと思われたら、早めの受診をお勧めいたします。

それでは、皆さん、おやすみなさいませ。

(了)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です