スギ花粉症シーズン到来

皆さん、こんばんは。糸魚川こどもクリニックの渡辺です。雪が解け、若葉が萌え出し、卒業式のシーズンが到来しました。卒業式と言えば、中学生時代に校歌や在校生へ向けた歌のピアノ伴奏をしていたことを思い出します。当時はピアノ男子が少なかったので、どうにも目立って困りました(汗)。

さて、タイトルにもある通りスギ花粉の飛散量が増えてきました。皆さんご存じの通り、今春は例年よりも多く花粉が飛散するという予想されておりますので、スギ花粉症の方は外出時に十分な防御をしましょう。すでにスギ花粉症と診断されている方、スギ花粉が飛散する前に医療機関を受診して、症状が軽微な段階から治療を開始するようにしましょう。治療が早いほど重症化しにくいという報告もありますのでよろしくお願いします。舌下免疫療法もお勧めです。

もう一つ、春に鼻炎を来すものはスギ花粉だけではありません。寒さから解き放たれたダニが室内を暗躍し、ハルガヤ・カモガヤなどのイネ科の植物もせっせと花粉を空気中に放出します。体調を崩しやすい季節の変わり目ですので、ウイルス感染症に伴う鼻炎も増えてきます。いずれにしても、原因によって治療が変わりますので、診断がついていない方は”きっと私は○○アレルギーです”と安易に思い込まず医療機関を受診しましょう。

最後になりますが、花粉症に苦しむ方々のためにスギの木を見かけたら薙ぎ倒す、と言う荒っぽい治療を考えておりました。しかし、自然破壊が懸念され、診療後に暗くなった山道でスギを伐採するとなると怪しい人物と判断されて警察に捕まってしまい今後の診療が出来なくなってしまうかも知れないというリスクもございますので、断念しようと思います。お役に立てず申し訳ございません。

それでは、今日一日が皆さんにとって幸せでありますよう、心からお祈り申し上げます。

(了)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です