病児保育室説明会(4)

みなさん、こんにちは。糸魚川こどもクリニックの渡辺です。夏祭りの日が近づき、ハイペースで業務を進行しております。みなさんのご来訪をお待ちしております。

さて、本日の本題です。先日、7月12日に西海保育園に説明会に行って参りました。万全の準備を調えて臨んだつもりでしたが、なんと会場でサンダーボルト端末HDMI変換端子を忘れてしまったことに気づき、大慌てでした。そんなこんなで説明者はドタバタしておりましたが、園児たちはそんなことお構いなしにお昼寝されていました。その隣のお部屋で説明会を始めました。

さて、皆さんご存じの通り病児保育室は「保護者の皆さんの就労・子育て支援事業」ではございますが、同時に園内で急病を発症してしまった園児さんの対応で業務量が激増してしまう保育園・幼稚園のスタッフさんの負担軽減の事業でもあると考えて居ります。現状を鑑みますと、一人の保育士さんが10人近い園児さんを看なくてはならない状態ですので、急病者が1人でも出てしまうと大忙しになってしまい、他の園児さんの対応が難しくなってしまいます。そんなときに、病児保育室ジオが何とかお助け申し上げたい!と強く願い、出来上がったのが、保育園・幼稚園まで病児保育室のスタッフが送迎に行くというサービスです。早くそのサービスを開始できないものか、というお話しになりました。

現在、当園でもどのようにしたら送迎サービスの実施が可能か検討しているところです。運営案ができ次第、保護者の皆さん、保育園・幼稚園の皆さんに情報提供をさせて頂きたいと思いますのでよろしくお願い申し上げます。

これからも糸魚川こどもクリニックと病児保育室ジオをよろしくお願い申し上げます。

(了)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です