内覧会のお知らせ

皆さん、お世話になっております、糸魚川こどもクリニックの渡辺です。本日はタイトルにございます通り、内覧会のお知らせです☆インスタグラムやフェイスブックなどに載せれば映えること間違いなしの見どころがたくさんございますので(医療機関ではございますが)、皆さん是非ともお越しくださいませ。

また、お立ち寄りいただきました方には、院長デザインのオリジナルタオルをプレゼントいたしますので、要らないと言わずに受け取ってください。数に限りがございますので、お早めにお越し頂けますと幸いです。

それでは、最近報告できなかった建物の内部と外部のご説明を致します。先ずはデカデカとしているためにイヤでも道路からでも目に入るロードサインです。従来のクリニックでは用いられることが少ない臙脂色を選んだのは、訪れた皆さんに活き活きと元気になって欲しいという思いを託したためです。また、個人的にらいおん親子の周りを囲む正方形のバランスが大好きです☆

そして、こちらは玄関口になります。創和ジャステックさんの案で土足部分はタイルを斜めに貼り、分かりやすくして頂きました。内部との境界を御影石のアクセントで表現しております。さすが、プロの仕事ですね。

院内に入り、一番最初に目に留まるのが受付のカウンターです。側面の石模様(本物)が印象的で、天板の大理石調の素材が見事にマッチしております(自画自賛)。この写真ではパソコンモニターが見えてしまいますが、アームを用いて皆さんからは機械が見えないようにする予定です。そうすることで、事務員さんの動きや表情が見えやすくなり、皆さんが安心してくださるようにしたいと考えております。

その先に行くと、大人向け(小学校高学年~中学生以上)のハイカウンターテーブル(高さ95cm)があります。ここで本を読みながら、ウォーターサーバー(お湯も出ます)を設置して、水または温かいハーブティーを楽しめるようにする予定です。カラーミラーとタイルがとてもきれいですね☆

そして、院内とはおおよそ思えない結婚式会場のような場所がありました。左右には本棚を設えたレンガのアーチ、その間の床にはポイントタイルが煌いております。日中は陽の光を浴びて清々しい雰囲気、夕方以降はランプ調のライトから柔らかい光が溢れて幻想的な空間となります(写真ではライトが見えません、ごめんなさい)。

先の写真にあったアーチをくぐり、吹き抜け天井に目を向けると、そこには大きな窓があります。天界に続く扉のようにも見えますが、あの先は病児保育室です。タイミングが合えば、可愛い天使のような子どもたちが手を振ってくれるかも知れません。ここはテーマパークか、と言われてしまいそうですがちゃんとした医療機関ですのでよろしくお願い致します。

洗面所も見どころの一つです。優しいダウンライトと大きな鏡の周りに飾られたタイルが光を放ち、いつまでも手を洗っていたくなる場所だと思います。訪れた皆さんが手洗いを好きになってくれると嬉しいですね、なんといっても感染予防は手洗いから(ちょっと意味が違う気もしますが・・・)。

続いて、2階の病児保育室部門です。保育室に設置された新品のカウンターキッチンが光り輝いております。さながら、おしゃれなワンルームマンションの広告写真ようですね。

カウンターキッチンから見た病児保育室です。なんだか新生活を連想させる素敵な光景ですね。

駆け足となりましたが本日の報告は以上となります。院長室やスタッフルームなども順次掲載したいと考えております☆本ブログも良いと思いますが、やはり実物を見て頂く方が楽しいですから、皆さん是非とも内覧会にお越しくださいませ。院長・スタッフ一同、皆様のお越しをお待ちしております☆

(了)

“内覧会のお知らせ” への2件の返信

  1. 渡辺先生に質問があるのですが、
    院長デザインのオリジナルタオルを郵送でほしいのですが、もし、もらえるのであれば、いくらかは、お支払いいたしますが?。

    1. 佐藤さま
      ご連絡を賜りましてありがとうございます。
      オリジナルタオルですが、内覧会にお見えになった方に対する気持ちをお伝えするべく作りました。
      ですが、遠方にお住まいの方ですとそれも難しいと思いますので、
      内覧会後、数に余裕がございましたら郵送を検討させてくださいませ。

      渡辺 祐紀

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です