外構工事

皆さん、おはようございます。糸魚川こどもクリニックの渡辺です。先日は家具選定のために家具屋さんの東京本社に出向いて参りました。最近は出張が続きますが、より良いクリニックと病児保育室を作るために日々精進したいと思います。


さて、本日はこちらからスタートです。当クリニックの情報が糸魚川タイムスに掲載されました。少々気になるのが土曜日の開園時間です。なんと午前8時30分から午後12時30分(⇒ 午前0時30分 ⇒ 深夜)まで、気の長くなるほど営業をされることになるそうです、そんなこと全く知りませんでした。また、子ども課の方のコメントも素晴らしいですね。診察を受けたらそのまますぐに預けられるというシステムではございませんので皆さんご注意くださいませ。この文面ですと、子ども課の皆様が保護者の負担軽減のために運営のお手伝いに来てくださるのでしょうか、その日が楽しみです。


話しは変わりまして、上の写真は夕日に照らされた当クリニックです。外観は殆ど完成し、残すところ噴水の設置と駐車場の整備となります。喫茶店経営ができそうな雰囲気です。東側に足場が残されておりますが、これはクリニックの名前を壁面に装着するためですね。


クリニックの細かいところを申し上げますと、屋根や壁が整理され、見栄えが美しくなって参りました。配管口も剥き出しではなくキャップが設えられてきれいになりました。休日返上で仕事をしてくださった職人さんと現場監督さんには心から御礼申し上げます。


こちらは室外機の設置を待つ配線の数々です。最近の猛暑には彼らの力なくしては過ごすのが困難な時代ですので、夏場にはきっと強い味方になってくれるでしょう。


最後の画像は、クリニック外壁の色合いが濃いところをズームしたものです。左官職人さんが丁寧に丁寧に塗り固めてくださった、職人さんの愛情とぬくもりを感じる壁面です。お立ち寄りの際は是非とも肌触りをお試しください。

いよいよ内部工事が本格的になります。タイル、レンガ、壁紙が貼られ、こちらもより美しくなって来ました。近日中にご報告できると思いますので、しばらくお待ちくださいませ。

(了)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です