病児保育室説明会(3)

皆さん、こんばんは。糸魚川こどもクリニックの渡辺です。ジメジメしていたかと思えば強烈な日差しが襲う、この気候の変化にいったい誰が適応できるのでしょうか(汗)。屋外でお仕事をされている皆さんには頭が下がる思いです。

さて、先月から始まりました病児保育室の説明会も4回目を迎えました。そして、なんと前回は初めて糸魚川こどもクリニックの院内で見学会と併せて実施することができました!本日はその様子をご紹介したいと思います。

説明会当日の6月30日土曜日といえば、午前中はしとしとと雨が降り、午前診療が終わった後には窓からは梅雨らしい景色を楽しめる空模様でした。そんな穏やかな天候の下、ひまわり保育園から紫陽花を連想させるたくさんの美しい方々がお見えになりました。なんと9名も!!

まずは院内1Fの診療部門をご案内して、病児保育室を利用する児がどのようなところで診察を受けるのかを見学していただきました。『実は来たことあるのよね』『大人も診察してくれるって聞きました』などと穏やかに言葉を交わされていましたが、その眼差しには鋭いものが宿っていました。

一通り診療部門を確認していただいた後に病児保育室2Fの見学となりました。『キレイですね』『とてもオシャレ』『シャワー室もあるんですね、スゴイ!』などお褒めの言葉を頂きました、ありがとうございます。
続いて、病児保育室事業について説明を行いました。15分程度、院長である自分から事業の概要を皆さんにお伝えしたところたくさんの質問が飛び交いました。『送迎サービスってどうすればできるんですか』『あればありがたいですよね』『お弁当を準備していただくとなるとお幾らするんですか』『おやつも準備していただけるんですか』などなど、利用者の立場をよく考え、プロならではの質問の数々でした。本当にモチベーションの高い先生方でした。

続いて、保育室長からも病児保育室GEO(ジオ)の使い方を説明していただきました。途中で雷鳴がとどろき、激しい雨が降り、電波障害になったためか保育室長の声が聞こえなくなるというアクシデントもありましたが無事に説明会を終えることができました。最後は保育室長の提案で”一同一本締め”となりましたが、なぜ一本締めだったのかは不明です。60分間に及ぶ見学・説明会が終わった頃には雷鳴は遠のき雨も弱まり天候は回復しておりました。これも、皆さんの『普段の行いの良さ』と『運の良さ』ゆえにですね☆

最後になりますが、ご多忙中であり、さらには足場も悪かったにも関わらず説明会に参加してくださったひまわり保育園の皆様に厚く御礼申し上げます。

(了)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です