10月の休日診療について

皆さん、おはようございます。糸魚川こどもクリニックの渡辺です。本日10月14日(祝)体育の日はお休みをいただいております。何卒ご理解とご協力をお願い申し上げます。

また、今月の診療日につきましては下記をご参照くださいませ、どうぞよろしくお願い申し上げます。

休日診療について → http://blog.itoigawa-children-clinic.jp/2019/10/02/2019年10月の休日診療について/

臨時休業について → 10月19日(土)は出張のために休診とさせていただきます

(了)

アデノウイルス・手足口病注意報(感染症情報)

皆さん、こんばんは。糸魚川こどもクリニックの渡辺です。上記にもございます通り、本日は感染症の情報をお伝えします。

高い熱、のどの痛みに加えて、手足や口の中、口の周りにボツボツが出来てしまう病気、そうです手足口病が今もなお市内で流行し続けております。大人の方も発症することがあり、小児と違って手足のブツブツを触れられるだけで痛みを感じるなど重症化しやすいので気を付けましょう。基本的に、熱が下がってしまえば他者に感染することはありませんが、便の中にもウイルスが潜むために手を洗った後は別々のタオルを使うようにしましょう。

それに加えて、アデノウイルス感染症が西海保育園を中心に流行しております。3-5日間続く高熱、のどの痛みや目の充血、ひどいときには咳が強く出ることもあります。熱などの症状が落ち着いて2日間は学校、保育園はお休みしましょう。youtubeで説明動画もございます(こちら→https://www.youtube.com/watch?v=2murh0Kqiac)。

その他にもRSウイルスやヒトメタニューモウイルスも散見されますのでご注意ください。また、迅速検査ができるものに関しては、各保育園、幼稚園、小中学校での流行を把握するために検査を施行することもございますので、ご協力を何卒よろしくお願い申し上げます。

最後に、週に一度、保健所から糸魚川市内の感染状況を報告してくれるFAXが医療機関に届きます。そちらによると市内ではRSウイルスも手足口病も、りんご病(伝染性紅斑)も、ヒトメタニューモウイルスも殆ど見られないとなっています。うーん、本当でしょうか、少し心配です。

(了)

インフルエンザワクチン予約受付開始

皆さん、こんばんは。糸魚川こどもクリニックの渡辺です。東京では早くもインフルエンザウイルス感染症が流行し始めてしまいました。わたしたちも全力で予防しましょう。

予防の基本は『うがい』『手洗い』『人混みを避ける』ですが、なかなか難しいですね。この冬に受験を控えられている方、クリスマスパーティーや忘年会に参加される方、初詣に出かけられる方、そしてあの有名なアーティスト、ボカロ時代はハチという名前でマトリョシカ、パンダヒーローを作りyoutubeで(ボカロ曲では)桁違いの驚異的な再生数を打ち出し、セルフカバーしたドーナツホール、砂の惑星ではさらに再生数を伸ばし、本名で公開したマッド・ヘッド・ラブ、ゴーゴ幽霊船(いずれも個人的に大好き)、そしてアイネクライネは再生数1億突破ッ、さらにはアニメ主題歌としても有名になったオリオン、ピースサイン、紅白歌合戦では美術館を貸し切りにして熱唱されたLemon、最近もノーサイドゲームの主題歌で使われた馬と鹿でとにかく有名な”米津玄師の全国ライヴ・ツアー2020”を楽しみにされている多くの方々、皆さん人込みを避けるなんて無理かも知れませんね。

そんな皆さんは、是非ともインフルエンザ予防接種をしましょう。当院ではすでに予約を受け付けておりますが、数に限りがございますのでお早めにご連絡をお願い申し上げます。昨年同様、24時間受付け可能な便利なwebを準備しておりますのでそちらをご利用くださいませ(こちら→https://park.paa.jp/park2/clinics/3211/businesses/03)。お電話のご予約は15時~16時にお受けしておりますが短い時間ですのでご了承くださいませ。

さて、毎年予防接種をされた方々から感謝のお言葉をたくさん頂くのですが、その一方で『ワクチンをしたにも関わらずインフルエンザになってしまったから、次からはちょっと…』と仰る方がいらっしゃいます。確かに、発症されてしまったことは残念ですが、予防接種は意味のないコトだったのでしょうか。厳密にいうと少し違います。予防接種を行ったことで抗体を獲得されているはずですので(1)未接種者と比べて発症しにくかった、(2)重症化せずに済んでいるという事実が考慮されていないように思われます。医療者である自分は毎年予防接種を行っており、おかげさまで外来に何百名とお見えになるインフルエンザを発症した方と接しても感染せずに済んでいます。

インフルエンザを発症してしまい、不幸にもインフルエンザ脳症や肺炎など重症な合併症を来して不幸な転帰をたどる方がいらっしゃいます。どうか、インフルエンザ感染症を風邪の1つと軽視せず、うがい・手洗い・ワクチンでしっかり予防しましょう。

(了)

2019年10月の休日診療について

皆さん、こんばんは。糸魚川こどもクリニックの渡辺です。糸魚川市の保健所の報告では殆ど「0」とありますが手足口病やアデノウイルスが流行しております。十分にお気を付けください。

さて、10月の休日診療ですが

22日は祝日ではございますが、休日診療を行いますのでご安心くださいませ。皆さんの安心と安全のために、わたしたちは日々精進し、全力で診療に臨みます☆

(了)

休日診療について

皆さん、おはようございます。糸魚川こどもクリニックの渡辺です。台風の影響か、ものすごい強風ですね。

さて、本日23日はお休みですのでご注意くださいませ。尚、今月の休日診療につきましてはこちらをご確認ください(こちら → http://blog.itoigawa-children-clinic.jp/2019/08/30/%ef%bc%99月の休日診療について/)。また、10月22日(祝)は祝日ではございますが休日診療を致しますのでご安心くださいませ。話が変わりますが、インフルエンザワクチンの予約も開始いたしました☆

それでは、皆さんのご健康とご無事を心からお祈り申し上げます。

(了)

9月の休日診療について

皆さん、こんばんは糸魚川こどもクリニックの渡辺です。夏休みも終わり、信じられないくらい暑かった日が嘘のように涼しく過ごしやすい日が増えてきました。さて、最近はクリニックの道路側に置いてありますプランターの花々に水をあげるのが院長の日課となっております。朝と夕方の水やりの後、水滴を帯びた花々がまるで自分にお礼を言っているような気分になり、心がとてもときめきます。しかし、連日の豪雨のせいで日日草やマリーゴールドたちが傷んでしまい、自分の心も痛んでおります。はやく天候穏やかな季節にならないものかなあ、と祈る日々です。

それでは、今月の休日診療日ですが

上記の祝日を除く5日間を予定しております。人手不足でお待たせする時間が長くなってしまうかも知れませんが、何卒ご容赦くださいませ。

それでは、皆さんが安心・安全に休日をお過ごしになれますようにお祈り申し上げます。

(了)

お盆期間中の病児保育室ジオの運営について

皆さん、おはようございます。糸魚川こどもクリニックの渡辺です。暑い中、こども祭り抽選会の景品を取りに来てくださった皆様、ありがとうございます。5つのうち、4つの景品が当選者の方々に渡りました。残すところは1つのみ、87番のチケットをお持ちの方は是非ともお越しくださいませ。当選された方々のメッセージをお待ちしております

さて、先月もお伝えいたしましたが、お盆の期間中はジオはお休みとなります。8月13日から8月17日はお休み期間ですのでよろしくお願い申し上げます。詳細はこちらから→http://blog.itoigawa-children-clinic.jp/2019/07/15/

また、土曜日は原則としてお休みをいただいておりますが、事前(前日の17時30分まで)にご予約いただければご利用可能ですので、何卒よろしくお願い申し上げます。

連日の猛暑ですが、少しずつ秋に近付いているようです。心地よいその季節がやって来るのを楽しみに、何とか暑さを乗り切りましょう☆

(了)

お盆期間(8月13日~15日)の診療について

皆さん、こんにちは。糸魚川こどもクリニックの渡辺です。先日、こども祭りの抽選会に当選された方が景品を取りにお見えになりました。皆さんも、もしかしたら当選されているかも知れませんので、抽選番号を確認してくださいませ☆(こちらから当選番号が分かります→http://blog.itoigawa-children-clinic.jp/2019/07/26/2019年こども祭り抽選会の当選者発表/

さて、本日はお盆期間の診療時間のお知らせです。当院のスタッフもお母さんが多いために、お盆期間はご自宅でのおもてなし業務に大忙しのようです。それ故に、お盆期間は午前診療のみとさせていただきます。

8月13日~15日 午前診療のみ

ご不便をおかけしてしまうと思いますが、ご理解とご協力のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

(了)

8月の休日診療について

皆さん、こんばんは糸魚川こどもクリニックの渡辺です。長かった梅雨が明けて急激に暑くなり、かき氷が手放せない季節に突入しました。かき氷はとても美味しいのですが食べ過ぎるとおなかを冷やしますので程々にしましょうね。

さて、今月の休日診療日ですが

上記の祝日を除く4日間を予定しております。人手不足でお待たせする時間が長くなってしまうかも知れませんが、何卒ご容赦くださいませ。

それでは、皆さんが安心・安全に休日をお過ごしになれますようにお祈り申し上げます。

(了)


2019年こども祭り を終えて

皆さん、こんにちは糸魚川こどもクリニックの渡辺です。今週に入ってから市内では手足口病が猛威を振るっております。大人の方でも発症することがございますので十分にご注意くださいませ。

さて、本日はタイトルにもございます通り2019年(令和元年)のこども祭りの様子を皆さんにお伝えしたいと思います。前日までは雨天・曇天が続いており、中止もありうるかも知れないとヒヤヒヤしておりましたが、当日はこれ以上ないくらいの晴天に恵まれ、無事にこども祭りを開催できました☆皆さんの思いが天に届いたようです!それでは、これから各店舗の様子をお伝えしたいと思います。

1、かき氷屋さん

今回の出店で常に行列ができていたのがこちら、かき氷屋さんです。メイン商品はくだものの果汁を使ったシロップ!この美味しさに、誰もがメロメロ、おなか一杯食べたくなるという伝説のかき氷が生まれます。

店舗のデコレーションから配置まで美しい、サンプルかき氷も彼女のお手製です

汗が止まらない、喉が渇いて仕方がない、だから早く食べたい☆というお子さんの思いに応えるために、大きな氷を削り、大切に丁寧に思いを込めて、ひとつずつ作ってくれました☆赤いはっぴの保育士さんのやさしさに溢れたかき氷は本当に大好評でした。

シロップを注ぐその手に子どもたちの視線が集まります、院長なら手が震えます

2、くじ、風船コーナー

お祭り、縁日と言えば運試しの「くじ引き」とキラキラ光ってふわふわ宙に浮く「ヘリウムガス風船」ではないでしょうか(アルミバルーンと言うべきだったかも?)。来場された皆さんの、その大きな夢を叶えるために、スタッフ一同、時間をかけて入念な準備をしておりました!くじは分かりやすいようなディスプレイを、風船は選びやすく取りやすいような配置、そして風船を安全に膨らませる練習もしておりました。そうです、準備は万端なのです(皆さん、本当にありがとうございます)☆

手際よくお店を作って、お客さんが来るのを待ち構えております

机の下でじゃれ合っているのはお散歩ザウルス(恐竜)と、お散歩柴犬です。本来であればそのサイズには大きな隔たりがあるはずですが、風船になると同じくらいになってしまうのが不思議ですね。下の写真の風船を膨らませるだけでも結構な手間ですが、受付スタッフがとても上手に作ってくれました、このスキルすごいです。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_1608-1024x768.jpg です
たくさんの風船に囲まれてメルヘンな空間となっております
ふうせん職人の美女とお兄さんです、すてきな笑顔が好評でした

くじコーナーも大盛況!看護師さんたちが慈悲と愛情たっぷりで優しく説明をしていました。狙った獲物を逃してしまったお子さんにも、豪華な残念賞を配ってくれました。こちら(残念賞の景品)が目当てのお子さんもいらしたそうです。

くじコーナーも常に混雑していました

手に手にアルミバルーンを持つ姿も増え、会場も賑やかになってきました。なんだか、お祭りっぽいですね☆

アンパンマン、プリキュアのバルーン、でも一番人気はミニオンでした

3、ヨーヨー、スーパーボールコーナー

お祭りと言えば、やはりコレを外せません。いわゆる「救いもの」です…、違いますね、掬いものです。一枚の和紙を張っただけの「ポイ」でどれだけたくさんの商品を手に入れることができるでしょうか!今年は2018年のお祭りではスーパーボールが少ないとのスタッフの意見がありましたので大量に準備いたしました☆確かに、たくさん浮いている方がワクワク・ドキドキしますね。

ハッピを来た粋でクールなお姉さんにルールを説明してもらっているようです

下の写真はヨーヨーすくい。こよりの先端についたフックで水風船を救い上げる…、いやいや、すくい上げるゲームです。皆さん、真剣に観察して取りやすい風船を探しておりました。こちらのコーナーでは中腰の作業が多かったと思います、ヨーヨー・スタッフの皆さん、お疲れさまでした。

真剣な眼差しで獲物を探す姿は子どもと言えど正にハンターです!

4、チケットコーナー

今回のお祭りの受付にもなりました。抽選券をお渡しし、うちわとハンドタオルのをプレゼント☆皆さんの喜んでくださる顔がまぶしかったです。ハンドタオルは受付に居たお兄さんが手配してくれました。チケット販売のお姉さんは写真では見えないですね、残念!

こちらのコーナーもいつもに賑わっておりました

5、飲食コーナー

矢印は額に汗して働くクリニックの院長です。聴診器よりも重たいものを持ったことが無いという彼(自分)が、ご来場された皆さんの笑顔のために必死で重たい発泡スチロール(大きな氷入り)を適当な位置になるように片づけておりました。

思いの外に作業スペースが狭いことに当日気付いて慌てふためく院長(矢印)でした

当日はたくさんの若人たちが、注文を取ってくれたり、足りないものを取りに行ってくれたり、お手伝いに来てくれたので本当に助かりました(スタッフのお子さんも来てくださいました)。最近の若い人たちは本当に優しくて、段取りよく働いてくれます、糸魚川の将来は安心ですよ、皆さん☆

日焼け止めを塗り、肉体疲労もあり、若い人たちと並ぶと劣化が目立ちます

6、スペシャルサンクス

今までの写真でもございましたように、当日はセブンイレブン押上店さん、モモちゃんクレープさん、くろひめさんもお祭りの盛り上げ隊として参加してくださいました!皆さんの神スキルでとても充実したお祭りになりました☆本当にありがとうございます!

くろひめさんは美味しい粉もの料理を、ももちゃんクレープさんはクレープをご提供くださいました
セブンイレブン(押上店)さんは痒いところに手が届くサービスを提供されました

さいごに

そして、今回のイベントで欠かすことができないのは、なんといってもお祭りに来てくださった皆さんではないでしょうか。暑い中、わざわざ来てくださって本当にありがとうございます。これからもわたしたち糸魚川こどもクリニック・病児保育室ジオは皆さんの期待に応えるべく、医療サービス、病児保育事業、地域貢献を続けていきたいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。

当日は約400名の方々がお祭りに参加してくださいました

追伸:当院・ジオのスタッフの皆さん、セブンイレブン押上店の皆さん、創和ジャステックの皆さん、J-メディカルの皆さん、お手伝いに来てくれた若人の皆さん、保育士さん、パーマのお兄さん、白衣のお兄さん・お姉さんたち、本当にありがとうございました。

(了)