急ピッチの内部工事 ~病児保育部門 他~

皆さん、こんにちは。糸魚川こどもクリニックの渡辺です。本日は雨模様ですが穏やかな季節となり、過ごしやすくなって来たのではないでしょうか。

さて、9月も終わりに近づき、クリニックも完成に近づきつつあります。外観が完成に近づいたクリニックの前を通過する人の中には、「喫茶店ができるんですって」とか「イタリア料理屋さんが来ると聞いたけど」などなど、当たらずも遠からずの会話を楽しまれる方がいらっしゃいました。

では、本題に入ります。最初の写真は室外機などを置くクリニックの南側です。配管部分を隠すようにコンクリートが打たれており、室外機を置く準備が整った様子です。  

次の写真は糸魚川市の皆さんが完成を待っていらっしゃる病児保育室です。天井、床、壁にシートが貼られ始め、保育室の体を成し始めました。一番広い保育室を撮影したものですが、一般家庭のキッチンとリビングのようですね。

トイレスペースにはまだ便器はございませんが、壁面にアクセントとなるタイルが貼られています。タイル周りの白い壁紙とあいまって、美しいトイレを演出できるはずです。

☆透明感のあるガラスタイルです☆

今までとは違い、最近は一日経るだけでも完成に近づいていることが実感できます。皆さんも完成を楽しみにしていてくださいませ。

(了)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です