無痛注射パッチの使い方

皆さん、おはようございます。糸魚川こどもクリニックの渡辺です。ご好評いただいております無痛注射用のテープ、エムラパッチ🄬の使い方を説明いたします。拙いながらもイラストはワタクシ、渡辺(ゆうき)が描きました。

ご存じの方も多いと思われますが、無痛注射とは「血液検査、予防接種などの痛みを伴う処置の前に、局所麻酔のテープを貼ることで痛みを緩和する」注射のことです。自分も当院の看護師も試しましたが、テープを貼って、またはクリームを塗って30分後に注射をされたところ、痛みをほとんど感じませんでした。もちろん、職員だけではなく当院でこのテープを用いて血液検査をされたお子さま、予防接種をされたお子さまもいらっしゃいます。注射への恐怖で泣いてしまう方も居ましたが、ほとんどのお子さまが「あれ、注射終わったの?痛くないよ」と答えてくださいました。お子さまの苦痛を和らげ、医療機関への恐怖心を無くすためにも、ご理解とご協力をお願い申し上げます。(詳細はこちらから→無痛注射について

さいごに、この処置は血液検査などの場合は保険診療として対応できます(無料)が、予防接種などの自費診療ではパッチ・クリームともに1か所につき500円ほど掛かってしまいます。効果は期待できますので、インフルエンザやその他のワクチンを接種される際にご一考を賜れますと幸いです。

意外と下の方に注射を接種するんですね

なんでムキムキなのと言われてしまいましたが、三角筋を描くためには仕方なかったのです

(了)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です