上棟式な一日(事後報告)

皆さん、こんにちは。糸魚川こどもクリニックの渡辺祐紀です。久々の雨模様で、本日は涼しい一日になりそうですね。それでは、先日行われた上棟式の報告をしようと思います。

さて、2017年7月20日、無事に屋根も出来上がり上棟を迎えることができました。当日は晴天にも恵まれ上棟式には最適な一日となりました。

☆無事に屋根も出来上がりました☆
☆上棟式の前からたくさんの人が集まってくださいました☆

さて、どこで式典を行ったかと言いますと・・・、なんと写真にある建物の屋根の上。涼しい屋内で開催するものかと思っていただけに驚きを隠せませんでした。文字通り屋上ですから、もちろん陰になるようなものが何もなく、天気の良かったその時は気温32℃を記録しておりました。日焼け止めを幾重にも塗って臨みましたが、やはり日焼けは免れませんでした。今後、上棟式を予定されている皆さんも日焼けには十分にお気を付けください。

☆式典会場、高所恐怖症の施主の腰が引けています☆
☆式典のために御幣を付けた板を立てています☆☆吹き流し付き板です、風に煽られて非常に重そう☆

上棟式では棟梁さんが司会進行を務めてくださり、大工さんと現場監督さんたちが式次に合わせて屋根の隅っこを端から端まで移動されていました。難なく作業をされているように見えますが、屋根の上ですから恐ろしく高く、雪除けのために6度ほどの傾斜があり歩きにくいのです。万が一バランスを崩して転倒したら、そのまま転がり落ち地面にたたきつけられそうな環境です。その恐怖と皮膚劣化をもたらす偉大な陽射し(どちらも怖い存在)と戦っている自分と大工さんたちを比べると、あまりの気概の違いに尊敬の気持ちが強くなりました。陽射し、日焼けを気にされる美白職人さんに会いたいくらいです。

☆高い屋根の四隅を塩と酒とで清めています☆
☆動きは機敏で物おじする様子は皆無です☆

そして、20分以上に及ぶ上棟式を終えて、皆さんが待ちに待った餅まきが始まりました。何キロあるのだと思われるお菓子、何トンあるのかという巨大な角餅、何億円分のおひねり(注意:一部に誇張表現あります)に、30人分用意していた景品もあっという間に完売しました。関係者の皆さん、わざわざ足を運んでくださった皆さん、本当にありがとうございます。皆さんのご期待に応えるべく、クリニックが竣工した後も身を粉にして貢献したいと思います。

☆実際には画面に収まらない方々もいらっしゃいました☆

最後までお付き合い賜りましてありがとうございます。涼しくて過ごしやすいこの一日が、皆さんにとってハッピーになりますようにお祈り申し上げます。

(了)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です