糸魚川こどもクリニックからのお願い

いつも皆様には大変お世話になっております。新型コロナウイルス感染が急拡大し、皆様不安な日々をお過ごしになられているのではないでしょうか。当院でも電話でのお問い合わせが多く、中には電話だけでは対応しきれない内容のものもございます。お問い合わせ件数が非常に多く、診療に支障が出てしまうために、下記に当院からのお願いをまとめましたのでご確認をお願い申し上げます。

Q1 濃厚接触者ですが、どうしたらよいですか

A1 自宅で安静になさってください

感染を拡大させないことが目的ですから、濃厚接触者の方は自宅での待機が基本となります。不要不急の外出なども控えましょう。

Q2 濃厚接触者となり、熱が出てしまいました

A2 医療機関に連絡をして速やかに受診しましょう

発熱などの症状は発症の合図かも知れません、速やかに受診しましょう。ただし、医療機関も感染防止対策をしなくてはなりませんので受診をされる前に必ずご連絡ください。特に、発熱時は感染リスクが高いこともあり、診察や検査後は院内ではなく車内またはご自宅で待機していただくことになります。また、車内で一人、じっとできないような小さなお子様をお連れになる際は、車内で面倒を看て下さる方とご一緒にお越しくださいますよう重ねてお願い申し上げます。

Q3 濃厚接触者かも知れません、濃厚接触者で症状は軽度です、不安です・・・

A3 発熱外来を受診してはいかがでしょうか

上記のような状況であれば、ご自宅で安静にしていただくのが国の指針となっております。しかし、「病は気から」という言葉もございますので、不安や心配が強い場合は何らかのサインかも知れませんのでご来院ください。当院では平日10時30分~11時45分頃であれば検査も含めて対応することが可能です。尚、検査を希望される方は問診票にその旨をお書きください(当院での核酸増幅法はマンパワーの問題から難しいことをご容赦ください)。

新型コロナウイルス感染症に関する情報をまとめたものはこちら(→コロナのまとめ)をご参照くださいますと幸いです。

Q4 濃厚接触者で無症状ですが、ワクチン接種しても良いですか

A4 いけません、外出は避けてください

ワクチン接種会場には健康な方が集まります。そこに発症リスクのある濃厚接触者の方がお越しになるのはクラスターを引き起こしかねない極めて危険な状況です。もし、濃厚接触者の方で自粛期間中に定期受診や予防接種が重なる場合は延期やキャンセルの連絡を速やかにしていただけますようにお願い申し上げます。新型コロナウイルスワクチンや検査キットなど、限られた医療資源を効率的に利用するためにも皆様のご理解とご協力を何卒よろしくお願い申し上げます。

(了)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA